オンライン講座の開催

 本協会ではこれまでに保育園や幼稚園を訪問して、未就学児を対象とした食育活動を500回以上行ってきました。おかげさまで99%の保護者からの継続希望をはじめ、99%の保育士等の先生方からも他の園(先生)にもすすめたい、との高い評価をいただいています。

 その食育活動の基本は、サペレメソッドという、子どもが五感を使って食材に触れて、その感想を言語化して他者に伝え、子ども同士や大人と対話する手法です。

 子どもたちが自らの五感を使っての楽しい体験活動は、一生涯にわたる「食べ物」との向き合い方の基礎となり、健康や食を介したコミュニケーション、そして生きる力へとつながる大切なものです。

 フィンランドをはじめとした欧州での取り組みが進むこの手法ですが、日本でも「保育所における食事の提供ガイドライン(厚生労働省)」に、「食べたいもの,好きなものが増える子ども」を育む食事のあり方として「子どもが食事を通じて五感を豊かにする経験を積み重ねる」ことと共に、子どもの食育を担う「保育士等がみずからの感受性も豊かにする」ことを求めています。

未来を拓く子どもたちのために、これが各地で活用されることを願って、7月より12月までの全6回、月1回のペースでオンライン講座(有料)を開催します。また6月11日19時より、講座内容の紹介を兼ねて、サペレメソッドの魅力を語るプレイベント(無料)を開催します。オンライン講座申し込みの詳細は別添PDFをご覧ください。プレイベント参加後に講座受講を決めることも可能です。皆様の参加をお待ちしております。

 pdf開催告知 (0.11MB)

申し込みフォームはこちらです。

2024年度オンライン講座申込書 (google.com)