日記

2023-11-28 11:24:00

イリコ(煮干し)の匂いの出る自販機?!

日本一の品質をほこり、讃岐うどんのダシには欠かせないとされる伊吹島のイリコ(煮干し)

今年の子どもゆめ基金様からの助成金で、煮干しをテーマとした五感体験教材を作成しています

実際の煮干し製造工程の撮影には伊吹漁協や漁師の皆さんに大変お世話になりました

その帰路、観音寺駅の改札脇で見つけたのがこの自販機

本当ですか????

試しにボタンを押したのですが、、、、、

IMG_6962.jpg

2023-11-25 13:57:00

サロベツ牛乳

近くのスーパーで見つけた「サロベツ牛乳」

北海道最北端に位置し、広大なサロベツ原野を開拓した農地の牧草を使って生産された牛乳です

 IMG_6930.jpg

サロベツ原野では、大作映画「人間の條件」(1961)のロケが行われました。雪原に倒れた主人公(仲代達矢さん)の上に雪が降り積もる圧巻のラストシーン。いつまでもカットと言わない監督の指示でずっと寒さに耐えた仲代さんが「本当にこのまま死ぬかと思った」そうです。

この映画は、旧満州帝国を舞台とし当時の国際情勢からサロベツでの撮影が行われたものです。奇遇ですがサロベツ原野を開拓したのはその満州からの引揚者でした

この開拓を指導したのが、満州移住協会参事として満州開拓の立案、送出、指導を行った松川五郎氏

松川氏が満州に送り出した青年の一行120名余りが命からがら帰国して、その後サロベツ原野を含む宗谷の土地に入植したものの「どうしてもうまくいかない」という彼らの困窮を救うために、松川氏は札幌の農協組合長の職を辞して私財をなげうって開拓指導にあたっていました

北海道の開拓は、すでに戦前に立地条件の良い場所は開拓済みで、戦後の引揚者が開拓した場所はサロベツ湿原のように、今まで誰も手をつけられなかったような劣悪な場所しかありませんでした

戦後の開拓を担当した行政官が、「入ったら死ぬわ」と言ったサロベツ原野の開拓は大変なものでした。湿原ですから、置いておいた作業機が、一晩で跡形もなく湿原内部に沈んでしまうこともあったそうです

「人間の條件」の映画の五年後、1966年にこの松川氏がサロベツの開拓農民、阿部又右衛門さんにあてた手紙の一節にはこのような記載があります

「(前略)北海道の農業についていろいろと考えさせられています。ともかく日本が食糧を外国に依存している間、すなわち日本が日本の農業に頼らないという風潮が是正されない以上良くなりっこありません。(後略)」

今から20年ほど前のこと。前職でサロベツ原野における自然環境の保全と農業開発の両立を図る計画作りに農業側の担当者として参画した際、サロベツ原野の開拓に関わってこられた方より、「まず歴史を知っておきなさい」と多くの資料をいただいた中にあったものです

京都でサロベツ牛乳をいただきながら、サロベツに関わった多くの先人たちに思いをはせています

食べ物を五感でしっかり味わうことが、生産地の風景や生産者の思いを感じるきっかけになることを願って「味の教室」の活動をしています

 

2023-11-24 20:51:00

昔からの砂糖屋さん

京都には、昔からの専門店がところどころに残っています。

今日は、近くの商店街の砂糖屋さんに立ち寄りました。

写真は上段左から「波照間黒糖」、「赤砂糖」、「グラニュー糖」、「五温糖」です。

IMG_6922.jpg

「黒糖」は知っていますが、「赤砂糖」「五温糖」ははじめてです。

「赤砂糖」って何?と聞いたら、奥から袋を持ってきてくれました。

IMG_6925.jpg

種子島の国産のお砂糖だよ、と説明してくれました。

「五温糖」も聞きたかったのですが、高齢のご主人にまた重そうな袋を運んでいただくのは気の毒に思え、遠慮しました。

またの機会にしましょう。

最近、店主の高齢化にあわせて閉店するお店も多くなりましたが、こうしたお店が少しでも長く残ってほしいものです。

種子島には行ったことがありませんが、行った気分になって少しなめてみました。

2023-11-23 21:21:00

驚きの皮膚感覚

俗に「肌感覚」という言葉がありますが、表皮には様々な感覚の受容体があることが最近明らかになっています。

肌で温度や痛みなどを「知覚」しているのは、表皮に「感覚」があるからです。

さらに表皮には、可視光や高周波音に対する「感覚」があるそうです。

これらは意識化されることはありませんが、内分泌系、免疫系、神経系など無意識の領域でわれわれの全身生理や情動に影響している可能性があるそうです。

子どもたちが食材を思いっきり触りながら、時に「えっ?!」と思うような発言をすることがあります。袋の中に手を入れて触りながら見えるはずのない色の発言をしたりとか。

あてずっぽうに知っている言葉を言っただけか、手を入れる前に袋の中をのぞき見したためとは思いますが、「ひょっとして、子どもは表皮で見れるのかしら?」などと、こちらも楽しい想像をしています。

2023-11-23 15:00:00

食材を使った感覚あそびのすすめ

子どもと食材を使った感覚遊びをしませんか?

子どもの脳神経の発達に重要な五感の刺激

TVやスマホでは得られない触覚、嗅覚、味覚の刺激

規格化された人工物では得られない自然の持つ多様な刺激

食材は私たちに最も身近な「自然物」

この食材を使った五感体験活動がお家でもできるように

2歳児からの食材を使ったリモート&リアル型自然体験学習

のビデオ教材を本会ホームページにアップしています

昨年度は「昆布」、「大豆」、「人参」を作成し

今年度は「りんご」、「ピーマン」、「煮干し」、「小麦」を作成中です

子どもゆめ基金様の助成をいただいたもので、どなた様も自由にご覧いただけます

 

1 2 3 4